第3回 膳所監督・上品充朗(1/3)2012年2月3日

八日市南高校時代には、秋と春の県大会の優勝と夏の準優勝がある。09年には育成枠でプロ野球選手を輩出した。そして、現在の膳所高校に赴任して3年。結果を出し続ける上品充朗監督の指導理念とは。その指導方法と考え方を全3回の連載でお届けする。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ログイン

記事を読むためには、『BASEBALL FAN』へのユーザー登録(無料)が必要です。
既にユーザー登録がお済みの方はログインしてください。

パスワードを忘れた方はこちら
氏原 英明

氏原 英明

生年月日:1977年

出身地:ブラジルサンパウロで生まれる

 大学を卒業後、地元新聞社に所属。その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。03年に退社。フリー活動を開始。

 『週間ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』 などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

◇心で書く 氏原英明公式ブログ(高校野球ドットコム内)
http://www.hb-nippon.com/blog/jornalistahide/