ホンマに伝えたいこと 【この逸材】

第1回 ファイル01 東大阪大柏原・石川慎吾2011年9月1日

東大阪大柏原を4番として、主将として甲子園初出場に導いたスラッガー石川慎吾。サヨナラの場面で敬遠をされた時、バットをそっと置いていった彼の野球選手としての姿勢には理由があった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ログイン

記事を読むためには、『BASEBALL FAN』へのユーザー登録(無料)が必要です。
既にユーザー登録がお済みの方はログインしてください。

パスワードを忘れた方はこちら
氏原 英明

氏原 英明

生年月日:1977年

出身地:ブラジルサンパウロで生まれる

 大学を卒業後、地元新聞社に所属。その後スポーツ記者として、インターハイなど全国大会の取材も経験させてもらい、数々の署名記事を書く。03年に退社。フリー活動を開始。

 『週間ベースボール』、『ベースボールクリニック』(ベースボールマガジン社)、『アマチュア野球』(日刊スポーツ出版社)『ホームラン』(廣済堂出版)、『Number』(文藝春秋)、『Sportiva』(集英社)、『高校野球ドットコム』 などに寄稿。フリーライターとしての地位を固める。

◇心で書く 氏原英明公式ブログ(高校野球ドットコム内)
http://www.hb-nippon.com/blog/jornalistahide/