日本全国野球地図

  • 第47回 沖縄 強い沖縄を作った沖縄水産、全国制覇2度の沖縄尚学、春夏連覇の興南強い沖縄を作った沖縄水産、全国制覇2度の沖縄尚学、春夏連覇の興南続きを読む
  • 第46回 鹿児島 市内3強時代に切り込んだ新参神村学園が好刺激市内3強時代に切り込んだ新参神村学園が好刺激続きを読む
  • 第45回 宮崎県 巨人キャンプで賑わいを見せた華やかさが原点か巨人キャンプで賑わいを見せた華やかさが原点か続きを読む
  • 第44回 熊本県 打撃の神様を輩出した九州伝統の地の誇り・熊本工打撃の神様を輩出した九州伝統の地の誇り・熊本工続きを読む
  • 第43回 大分県 好投手輩出の歴史、大分商から津久見、そして新規勢力時代へ好投手輩出の歴史、大分商から津久見、そして新規勢力時代へ続きを読む
  • 第42回 長崎県 海星の独走気配から、長崎日大と清峰の躍進で勢力図変化海星の独走気配から、長崎日大と清峰の躍進で勢力図変化続きを読む
  • 第41回 佐賀県 2度の全国制覇は、いずれもノーマークの佐賀商と佐賀北2度の全国制覇は、いずれもノーマークの佐賀商と佐賀北続きを読む
  • 第40回 福岡県 プロ野球、高校野球の流れプロ野球は西鉄からソフトバンクへ、高校野球も小倉勢から九州国際大附、東福岡、福大大濠へ続きを読む
  • 第39回 高知県 進取の気象に富み、中央球界にも多く人材輩出進取の気象に富み、中央球界にも多く人材輩出続きを読む
  • 第38回 愛媛県 松山商が築いた中等野球からの歴史の上に済美らが新時代築く 松山商が築いた中等野球からの歴史の上に済美らが新時代築く 続きを読む
  • 第37回 徳島県 徳島商が柱として存在、池田や鳴門勢、小松島などが続く徳島商が柱として存在、池田や鳴門勢、小松島などが続く続きを読む
  • 第36回 香川県 高松商を軸の商業校時代から尽誠学園登場で勢力図急変高松商を軸の商業校時代から尽誠学園登場で勢力図急変続きを読む
  • 第35回 山口県 都合6回の甲子園準優勝に新鋭東亜大の躍進もあり活気呼ぶ都合6回の甲子園準優勝に新鋭東亜大の躍進もあり活気呼ぶ続きを読む
  • 第34回 島根県 江の川と浜田リードから開星、立正大淞南の新勢力が台頭江の川と浜田リードから開星、立正大淞南の新勢力が台頭続きを読む
  • 第33回 鳥取県 高校野球の記念すべき第1球はここから始まった高校野球の記念すべき第1球はここから始まった続きを読む
  • 第32回 広島県 広商野球とカープが融合した、広島の野球スタイルが出来た広商野球とカープが融合した、広島の野球スタイルが出来た続きを読む
  • 第31回 岡山県 神戸と広島の間で、独自の野球文化を形成したいところだが神戸と広島の間で、独自の野球文化を形成したいところだが続きを読む
  • 第30回 兵庫県(2) 野球県兵庫としての誇りは全国に連続出場継続の記録野球県兵庫としての誇りは全国に連続出場継続の記録続きを読む
  • 第29回 兵庫県(1) そもそもタイガースの本拠地は兵庫県西宮市そもそもタイガースの本拠地は兵庫県西宮市続きを読む
  • 第28回 大阪府(2) 「野球の浪商」から天下のPL学園、そして王者大阪桐蔭の時代へ「野球の浪商」から天下のPL学園、そして王者大阪桐蔭の時代へ続きを読む
  • 第27回 大阪府(1) 阪神は大阪タイガースから始まり、南海、近鉄が一時代を作る阪神は大阪タイガースから始まり、南海、近鉄が一時代を作る、そんな大阪の野球を手束氏が考察する。続きを読む
  • 第26回 和歌山県 それぞれの時代で突出した勢力が天下無敵の強さを誇る和歌山県 それぞれの時代で突出した勢力が天下無敵の強さを誇る続きを読む
  • 第25回 奈良県 天理vs智弁の宗教戦争がベースとなって発展奈良県 天理vs智弁の宗教戦争がベースとなって発展、そんな奈良の野球を高校、大学、社会人と紹介する。続きを読む
  • 第24回 京都府 文化としての野球を育む、同立戦の盛り上がりも素晴らしい京都府、文化としての野球を育む、同立戦の盛り上がりも素晴らしい。その京都野球手束氏が読み解く。続きを読む
  • 第23回 三重県 東海勢の中では出遅れたが、四日市と三重がそれぞれ全国制覇三重県 東海勢の中では出遅れたが、四日市と三重がそれぞれ全国制覇続きを読む
  • 第22回 愛知県(2) 中京が作った愛知県高校野球の歴史は野球王国の自負愛知県(2) 中京が作った愛知県高校野球の歴史は野球王国の自負続きを読む
  • 第21回 愛知県(1) 地場完結の圧倒的保守性も、イチロー出現で変化の兆しか愛知県(1) 地場完結の圧倒的保守性も、イチロー出現で変化の兆しか続きを読む
  • 第20回 静岡県  日本野球の原点の地という誇りが支えた対抗戦意識静岡県  日本野球の原点の地という誇りが支えた対抗戦意識続きを読む
  • 第19回 岐阜県  県岐商中心に公立勢が元気、それに大垣日大などが抵抗岐阜県、その地形と歴史から岐阜野球を読み解く続きを読む
  • 第18回 福井県 京都の匂いを感じさせつつも、独自の逞しさを持つ京都の匂いを感じさせつつも、独自の逞しさを持つ福井県 を手束氏が読み解く続きを読む
  • 第17回 石川県  松井伝説の星稜に、金沢と遊学館の三すくみ状態が魅力松井伝説の星稜に、金沢と遊学館の三すくみ状態が魅力の石川県を手束氏が読み解く続きを読む
  • 第17回 富山県  地味だが「高商・富商」の北陸早慶戦が歴史を築いた「高商・富商」の北陸早慶戦が歴史を築いた富山県のベースボールカルチャーを手束氏が読み解く。続きを読む
  • 第16回 長野県  かつての松商学園と丸子実に対して、今は佐久長聖が躍進 長野県 かつての松商学園と丸子実に対して、今は佐久長聖が躍進、そんな長野県の野球文化を読み解く。続きを読む
  • 第15回 新潟県 2009年日本文理の大躍進が新たな歴史を築いた新潟県は横に長細く日本海に面している。しかも、日本でも有数の豪雪地域である。雪で閉ざされる期間が長い新潟県は、長い間、野球文化不毛の地とさえも言われていた。そこにはどんな野球があるのだろうか。続きを読む
  • 第14回 東京都(2) 守り型から打撃型へ、時代とともに主流校がスタイルを変えていく守り型から打撃型へ、時代とともに主流校がスタイルを変えていく東京都の野球を手束氏が読み解く。続きを読む
  • 第13回 東京都(1) 学生野球のメッカ神宮球場と社会人の聖地東京ドームを有する学生野球のメッカ神宮球場と社会人の聖地東京ドームを有する東京都を手束氏が読み解く。続きを読む
  • 第12回 神奈川県(2) 高校野球は神奈川県を制するものは全国を制すと言われ続ける激戦区高校野球は神奈川県を制するものは全国を制すと言われ続ける激戦区、その激戦区を手束氏が読み解く。続きを読む
  • 第11回 神奈川県(1) 横浜身売、DeNA参入でハマの野球地図は変わったか?神奈川県 横浜身売、DeNA参入でハマの野球地図は変わったか?続きを読む
  • 第10回 千葉県 銚子商、習志野時代から拓大紅陵時代そして群雄割拠時代へ千葉県 銚子商、習志野時代から拓大紅陵時代そして群雄割拠時代へ続きを読む
  • 第9回 埼玉県 夏の全国制覇への期待も高まる中、打倒浦学が県内各校の目標埼玉県 夏の全国制覇への期待も高まる中、打倒浦学が県内各校の目標に、そしてその他の高校の勢力分布とは?続きを読む
  • 第8回 山梨県、甲府工が引っ張り、やがて東海大甲府や日本航空などが台頭大学野球では山梨学院が駅伝に続けと気を吐いているが、社会人野球の企業チームのない山梨県である。高校野球への注目度が高まっていくのは当然のことであろう。その高校野球は、甲府工が引っ張り、東海大甲府や日本航空などが台頭してきた。続きを読む
  • 第8回 群馬県、健大高崎の躍進で大きく変わった高校野球勢力図群馬県、健大高崎の躍進で大きく変わった高校野球勢力図。そして大学野球では、地方リーグから新たなリーダー上武大が出る。群馬の野球を手束氏が解説する。続きを読む
  • 第7回 高校野球の潮流から、社会人チームまで茨城野球を語りつくす。茨城県の高校野球指導者には、明快に三本のラインがある。その3本の潮流を紐解くとともに、茨木の社会人チームからクラブチームまで、茨城野球を語りつくす。続きを読む
  • 第6回 福島・聖光学院の壁に挑む新鋭校たち今や、県内の高校野球の指導者の話を聞いても、「甲子園に出場するには聖光学院に如何にしてて勝つのか」といわれるほど、絶対的な力を持っている聖光学院だが、そこに挑む新鋭校も徐々に育っているのも事実だ。続きを読む
  • 第5回 山形の高校野球の成長と新時代の幕開け山形の高校野球チームは関西出身の選手も多かったことから「外人部隊」という批判も受けたこともあった。しかし、県全体が徐々にではあるがステップアップしていったことは確かだ。続きを読む
  • 第5回 宮城に根付いた新野球文化と、伝統の野球文化とは?宮城県仙台市の「杜の都の早慶戦」と言われている野球行事を知っているだろうか?仙台育英と東北の対戦ではない。市内の優秀な中学生の人気を二分するといっていい進学校同士の対戦のことである。それは果たして?続きを読む
  • 第4回 アナクロチックにロマンを追う岩手の高校野球に光を射した花巻東かつて、岩手県は東北の中でも野球では実績のない県だった。しかし、2009年。あるスター選手の登場とともに、脚光を集めた高校があった。そして、今。その高校の勝ち上がりは県内の人々に勇気を与える存在となった。続きを読む
  • 第3回 東北一の歴史を担う「秋田野球」を紐解く栄えある第1回中等野球大会で秋田中(現秋田高)が準優勝した。そして今も秋田県の高校野球を引っ張る秋田と秋田商という伝統校。 そんな秋田野球の歴史と、その歴史に名を残す数々の高校、そしてプロで活躍した名選手を紹介する。続きを読む
  • 第2回 43年ぶりの青森の熱い夏、再びかつて、甲子園で史上初となる決勝戦再試合を行った青森の三沢高の試合から43年が経った昨夏。青森代表の光星学院が甲子園準優勝を果たした。いま、青森山田とともに、県2強時代を築いている両校の戦略とは?そして、あの懐かしの名勝負も振り返る。続きを読む
  • 第1回 『北海道野球』の歴史が動いた瞬間を探るかつて野球不毛の地だった北海道の野球史は、2000年以降、大きく変わり出している。一体、どんな人物が、またどんな存在が、「北海道野球」の歴史を動かしているのだろうか?続きを読む