高校野球ドキュメンタリー

第5回 赤とんぼ~都立小山台高校野球班の奇跡 その5 赤とんぼの会とチームの快進撃2011年12月28日

市川大輔(ひろすけ)と同級の保護者の会が中心になって改めて動き出した組織「赤とんぼの会」、そして「都立の強豪」として変化を見せ始めた都立小山台高校。連載で送る、長編ノンフィクションストーリ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ログイン

記事を読むためには、『BASEBALL FAN』へのユーザー登録(無料)が必要です。
既にユーザー登録がお済みの方はログインしてください。

パスワードを忘れた方はこちら
手束 仁

手束 仁

生年月日:1956年

出身地:愛知県

 大映映像事業部などで、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションで10年勤務。実用書の企画・編集とスポーツ関連の企画も多数手がけた。

 99年にムックとして『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け刊行。さらに99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、スポーツフィールドをメインとした書き手として独立。