名勝負の裏側

第3回 鹿児島実・杉内俊哉vs川内・木佐貫洋の舞台裏で2011年11月6日

鹿児島実の杉内俊哉と川内の木佐貫洋らが繰り広げた名勝負は、鹿児島県民のみならず全国の高校野球ファンにとっても、まだ記憶に新しいところである。表舞台での活躍こそないものの、密かに勝利へと導こうとしていた男がいた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ログイン

記事を読むためには、『BASEBALL FAN』へのユーザー登録(無料)が必要です。
既にユーザー登録がお済みの方はログインしてください。

パスワードを忘れた方はこちら