名勝負の裏側

第2回 平成最初の名勝負、大越基を成長させた上宮打線2011年10月23日

‘89年センバツで3本のアーチを架けた4番・元木大介率いる上宮打線の迫力は凄まじいものがあった。この年、猛威を振るった上宮打線に一度は散りながらも夏にリベンジを果たした男がいる。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ログイン

記事を読むためには、『BASEBALL FAN』へのユーザー登録(無料)が必要です。
既にユーザー登録がお済みの方はログインしてください。

パスワードを忘れた方はこちら