名勝負の裏側

第1回 球史に残る決勝戦 熊本工vs八代2011年8月18日

伊東勤、秋山幸二という偉大な人物が、互いにアーチを競演した球史に残る決勝戦とは。そしてもう一人、彼らと一緒に西武ライオンズのユニフォームに袖を通した男がいた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ログイン

記事を読むためには、『BASEBALL FAN』へのユーザー登録(無料)が必要です。
既にユーザー登録がお済みの方はログインしてください。

パスワードを忘れた方はこちら