名勝負の裏側

  • 第3回 鹿児島実・杉内俊哉vs川内・木佐貫洋の舞台裏で鹿児島実の杉内俊哉と川内の木佐貫洋らが繰り広げた名勝負は、鹿児島県民のみならず全国の高校野球ファンにとっても、まだ記憶に新しいところである。表舞台での活躍こそないものの、密かに勝利へと導こうとしていた男がいた。続きを読む
  • 第2回 平成最初の名勝負、大越基を成長させた上宮打線‘89年センバツで3本のアーチを架けた4番・元木大介率いる上宮打線の迫力は凄まじいものがあった。この年、猛威を振るった上宮打線に一度は散りながらも夏にリベンジを果たした男がいる。続きを読む
  • 第1回 球史に残る決勝戦 熊本工vs八代伊東勤、秋山幸二という偉大な人物が、互いにアーチを競演した球史に残る決勝戦とは。そしてもう一人、彼らと一緒に西武ライオンズのユニフォームに袖を通した男がいた。続きを読む