石碑から紐解く野球コラム

第1回 石は生きている2011年8月4日

昭和33年、第30回選抜高校野球大会で優勝した済々黌。それから半世紀を経て建てられた優勝記念碑とは。早実の王貞治から4安打を放った当時の主将・末次義久がその思いを語る。
このエントリーをはてなブックマークに追加 

ログイン

記事を読むためには、『BASEBALL FAN』へのユーザー登録(無料)が必要です。
既にユーザー登録がお済みの方はログインしてください。

パスワードを忘れた方はこちら