石碑から紐解く野球コラム

  • 第2回 鉄腕一代と別府日本有数の温泉地で知られる別府にある一軒の有名旅館に野球にまつわる石碑が鎮座している。 誰よりも野球を愛し、そして故郷・別府を愛した稲尾和久が残した足跡とは。続きを読む
  • 第1回 石は生きている昭和33年、第30回選抜高校野球大会で優勝した済々黌。それから半世紀を経て建てられた優勝記念碑とは。早実の王貞治から4安打を放った当時の主将・末次義久がその思いを語る。続きを読む